丸八商工株式会社

地域とのつながり A CONNECTION WITH THE AREA
TOP > 地域とのつながり > 環境に対する指針

環境に対する指針 AGAINST THE ENVIROMENT INDICATOR

環境の世紀

21世紀は、環境の世紀といわれています。 地球温暖化・森林破壊・酸性雨 これら環境破壊のほとんどは産業活動によって引き起こされているということか分かってきました。
大量生産・大量消費の時代から循環型社会へと変わっていかなければ、私たちは次の世代に引き継ぐべき資源がなくなることを危惧しなければなりません。
森林再生projectを立ち上げ、当社はこの問題に取り組みます。
生態系と生物の多様性を守るための日本の代表的なNGO「財団法人日本自然保護協会」、地球環境を考え「教育と開発」を推進する「財団法人オイスカ」、人間と自然との調和のとれた関係を培い、続可能な地球の未来を創ることを目指す「財団法人グリーンクロスジャパン」のサポーターとなりました。
寄付行為を通して自然を守るために役立ちたいと思います。



環境方針について

自然との共存

私たちは、紙だけに限らず、あらゆる資源について再利用の道をお手伝いしたいと考えています。
限りある資源を大切にし、自然と共存できる社会を作るために、私たち社員は一丸となり、たゆまぬ努力を続けて参ります。



サービスのご案内

社会に貢献できる仕事

私たちの仕事の1つに、資源ゴミの回収があります。 ゴミの分類が徹底されている地域は、収集に行っても気持ちよく仕事ができます。 反面、様々なものがごちゃ混ぜになっている地域も少なくありません。 一見難しそうに見える分類も、慣れれば自然と分かるようになるものです。 「せっかくリサイクルできる資源なので、ゴミと一緒に捨ててしまわないで」というのが、私たち社員の心からのお願いです。 また、当社では2000年から機密書類の処理事業を開始しました。情報社会において、個人のプライバシーが重視される昨今、機密書類の処分に頭を悩ませる企業が多くなってきています。そういったお客様のために、情報が漏洩しないよう文書を回収した後、シュレッダーにかけ、溶解することで、処分とリサイクルが一石二鳥でできるシステムを実現しました。リサイクルというのは、自然を大切にし、人が住む環境を守るということで、これからの社会においては必須条件といえるでしょう。私たちは、リサイクルを通して社会に貢献できることを喜びとしています。



機密書類処理について

循環型社会をめざして

昨今、社会全体が環境保全をめざすように変化してきたため、ゴミ問題が大きくクローズアップされるようになってきました。 製造メーカーでも、商品を作ったり売ったりするだけではなく、パッケージの処理を行って(あるいは考えて)初めて、メーカーとして認められる時代になってきたのです。
県市町でもリサイクルに力を入れていることから、
今日ではリサイクル活動を行わなければ公共機関の入札に参加できなくな
っているといった話も耳にします。
本来はゴミの処分を考える前に、「まずゴミを出さないことが先決だ」と、
1 人でも多くの人が考える社会になるのが望ましいのでしょう。
2000 年 7 月から高松市のゴミを出す規定が変わりました。
自らが出した廃棄物は、できるだけ自分たちの手で分類することで、
ゴミや資源について考える社会になってもらいたいものです。



企業理念について
動画でもご覧いただけます



  • ホーム
  • 個人情報保護
  • サイトマップ
  • お問い合わせ